那須の小屋から

アクセスカウンタ

zoom RSS 那珂川源流・大沢右股から流石山

<<   作成日時 : 2007/09/05 18:46   >>

トラックバック 1 / コメント 0

那珂川源流は去年井戸沢を遡りま画像
したが、南に開けた沢は明るくて
心地良かったので、今年は大沢。
井戸沢よりも手強い沢でした。

4日。深山湖からは今日登る流石
〜三倉山の稜線がくっきりです。

大沢への道路の出合に駐車し、6
時10分発。家から丁度一時間。

最終砂防ダムまでは工事用道路。画像
ダムを右岸に越して1100m二股
まではただの石ころ沢ですが、こ
こから本流は滝と滑の連続に一変
し、1240mの右・左股を分ける二
股まで続きました。

1100mからすぐのF2はこの沢の
ポイントらしいのですが、独りなの
で左を捲き気味に越しました。正面
ならロープが必須でしょう。

画像

*** 1100m二股の本流側。F1とF2 ***

画像

*** この沢のポイントらしいF2。左を捲き気味に越す ***

画像画像



















*** 左:1240m二股までの滑と滝の連続/右:1240m二股上の滝。シャワークライム ***

右股すぐ上の滝がキーポイントでした。水流部以外は一枚岩でシャワークライムを決心。ずぶ濡れでした。写真には写っていない上部の草付きスラブも結構悪く充分W級でした。お誂え向きに、格好のいいダイモンジソウに出会ったり。

予期せざる ずぶ濡れシャワー 大文字

画像

*** 格好のいいダイモンジソウ ***

1460mの二股は少し迷って左。切れ込みの深い方を選びました。1620mでひどい笹薮に突入。左に入ったのが悪かったようです。30m程登ると右に沢が見えたのでトラバース。この沢は稜線直下まで続いていて正解でした。ブッシュはほとんど無し。

13時40分、約1780mの稜線。那須連山の西面が一望です。

画像

*** 西からの那須連山。大沢源頭から ***

流石山から大峠への高差350mの急な降りで、足の親指が痛みました。指割れの沢靴を履きっぱなしですが、爪を切らなかったためです。「初心忘るべからず」ですね。

三斗小屋宿跡への降りは、地図には無い峠沢沿いの古い道。入口の標識を見つけました。以前通った時には見逃したのですね。去年の井戸沢のブログでは「会津西街道は峠沢沿いであったに違いありません」と書きましたが、あったのですね。笹は被っていてもまだ歩きやすいショートカットですが、廃道になるのでしょう。

駐車場所19時。一周12時間50分。掛かり過ぎですね。体力はまだまだです。

沢で出会った花

画像

*** ヤマ?トリカブト ***

画像

*** リンドウ ***

画像

*** コキンレイカ(仲間に教えて頂きました) ***

画像

*** ゴマナ(仲間に教えて頂きました) ***

070910:不明の花を仲間に教えて頂いて修正

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
◆伊吹山のトリカブト。今頃は満開だろうね
 先日行った伊吹山の山頂。  山頂では蕾の株。  東の下山路沿いには念願のトリカブトがあちこちに咲いていました。  毒草として知られるトリカブト。  まだ咲き初めで、十分に堪能したとまで言えませんが、それでも、まぁまあ、今年の初のトリカブトの花に満足して帰りました。 ...続きを見る
てらまち・ねっと
2007/09/06 18:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
那珂川源流・大沢右股から流石山 那須の小屋から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる