那須の小屋から

アクセスカウンタ

zoom RSS ブナ林探勝/志津倉山と沼の平(浅草岳)

<<   作成日時 : 2007/09/26 16:13   >>

トラックバック 0 / コメント 4

ブナの大家のお誘いで、仲間5人とブナ林をゆっくりと楽しませて頂きました。

9月23日/志津倉山
9時過ぎに仙台からの仲間と登山 画像
口で合流。
大沢コース〜細肥土コースの一
周です。曇りですが、今回はブナ
見物なので雨さえ降らなければ
満足です。

栃の実の多い道です。シャクナゲ
坂の急登を越すとブナ平。ガスに
霞む大沢側のブナ林が幽玄な雰
囲気で見事です。

画像

*** ブナ林/志津倉山山頂付近 ***

最も見事だったのは細肥土コースのブナ林で、林床に笹はほとんど無く、草木もまばらで、いかにも極相林の風格でした。折から小雨で葉音はするのですが、雨が落ちてこないのには驚きました。仲間の一人は『本当に雨なんだろうか?』と呟いた程です。

秋雨の 葉音響けど 橅の森

残念ながら暗過ぎて写真は失敗!こんなときは露出を調整しなければならないのでしょうが、どうすればいいのか判りません。勉強しなければと自戒。

定番の温泉。只見まで走って、キャンプ場のバンガロー泊。山形風芋煮が美味でした。

9月24日/沼の平
山の神杉から沼の平を一周す 画像
るのが今日のコースです。

山ノ神杉は2本の大木です。
天然杉なのでしょうが、あたり
に杉は全く見当たりません。
花粉が飛んで来て、想像もで
きないような小さな確率で根
付いたのでしょうが、自然とは
全く凄いものです。

崩壊で荒れた小三本沢を渡ると沼の平ですが、『平』とは名ばかりで凸凹が多く、その上日当りの良い所は草藪がひどいので、想像していた静かな散歩とはかけ離れていました。ある評価では、ここのブナ林はAクラスなのだそうですが、そんな雰囲気ではなく、期待外れと言わざるを得ません。むしろ、平石山の稜線への登りが見事でした。沼の平ルートはまもなく廃道でしょう。

稜線の近くからは沼の平が一望画像
ですが、沼の成因が地滑りであ
る事が良く判ります。特に濁り沼
は地学の教科書です。

平石山の平らな稜線はブナの平
というのだそうですが、ここもたい
しス事はなく、山ノ神杉への降り
が見事でした。

画像

*** ブナとコナラの大木(山の神杉付近) ***

2日間ともスローペースの小生が先頭を歩かせて頂きました。おかげでゆっくりと自然を観察できました。会話をしながら歩くのは楽しいですね。

仲間の皆さん、ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
参加したかったのですが、24日が仕事で断念しました。
いつか小三本沢から浅草岳と考えてますが、沢の崩壊はひどかったでしょうか。
http://yossy1904.exblog.jp/
Yossy(朋友会)
2007/09/28 21:58
Yossy様
参加されていればお会いできたのですね。

小三本沢の崩壊ですが、沼の平に入る地点(下流)はひどいのですが、出る地点(上流)では全く崩壊していませんでした。崩壊していても、河原が広く眺めが良くないだけで遡行には支障ないと思われます。

参考になったでしょうか?

2007/09/28 22:21
叶津コースから浅草岳を歩いてみたいと思っておりましたが、沼の平はあまり期待できないようですね。参考になりました。
GoogleMapの立体を上手く使っておられますね。勉強になります。
山いろいろ
2007/10/08 20:42
山いろいろ様
沼の平は一応入山禁止の札が掛かっています。歩いて楽しくもないので、お勧めできませんね。

Google Earthを教えて頂いて本当に感謝です。写真の解像度が上がればさらに素晴らしいのですが。久しぶりに、ヨーロッパアルプスをチェックしたら、解像度が上がっていました。Googleはアクセス頻度で写真を更新しているようです。

2007/10/08 23:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブナ林探勝/志津倉山と沼の平(浅草岳) 那須の小屋から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる