那須の小屋から

アクセスカウンタ

zoom RSS 大戸岳と小野岳

<<   作成日時 : 2007/11/09 18:11   >>

トラックバック 0 / コメント 2

文化の日は仲間が小生の古希を谷画像
川岳で祝ってくれましたが、散々で
した。2時間が標準らしい南稜テラ
スまでのアプローチが3.5時間で
すし、南稜のチムニーはトップで抜
けられないし...。もう駄目なのか
なーとかなり落込みました。

南稜の写真を一枚。白いヘルメット
が小生で、セカンドで登らせても
らっています。

しかし、落込んでばかりも「られな
いと、又近くの会津へ出掛けること
にしました。

11月7日/大戸岳 画像
大森山から小白森山と二岐山を眺
めると、遠くに翼を広げたような形の
いい山が眼に入りました。
同定すると大戸岳。登りたい山が又
一つ見つかりました。

マイナーな山なので、又登山口探し
に苦労しそうな予感ですが、的中。

会津鉄道の「あしのまきおんせんみ
なみ」駅前に駐車して、鳥居のある
登山口にたどり着くのに、送電線保
守の道に迷い込んだりして40分も掛かってしまいました。

8時40分発。道は沢筋から100m以上高い山腹を延々と縫います。
尾根への取付きはC850m.主稜線までは高差850mの急登。博士山の道海泣尾根ほどではありませんが、直登又直登です。
目立つのは針葉樹(ヒノキ類とマツ)。クロベの巨木もあります。会津はみんな似ていますね。巨木はクロベだと仲間に教えて頂きましたが、小生にはヒノキとの区別がつきません。

画像

*** クロベの巨木 ***

ところが、平らな主稜線に飛び出すと一転してブナの純林。平坦な環境はブナが独占するようです。いろんな山の「ブナ平」という地名はむべなるかなですね。急峻な尾根筋で針葉樹が優勢なのは、表土が浅く水分も少ない環境を棲み分けているのでしょうか?

画像

*** 主尾根のブナの純林 ***

廃道らしい大戸山からの道は痕跡も見つけられませんでした(注)。
地図には現れない凸凹をいくつか越えて山頂13時10分。標高差約千mで所要4時間半。

初冬らしくない淀んだ空模様で眺望は今一。登山口16時半で往復7時間50分。茸の収穫無し。
見通しの良くないルートでしたが、駅前からようやく大戸が仰げました。小野岳登山口の大内宿へ移動して車中泊。

画像

*** 駅前からの暮れ前の大戸岳稜線 ***

注)
地図はカシミールで2.5万を切取って使っていますが、ルートや山小屋の記載が無かったりで、多分市販図よりは劣るのでしょう。「ウォッちず」では役所らしく「刊行されている地形図とは同一でない部分も含まれます」と逃げを打っていますが、大戸岳はひど過ぎです。記載されている北ルートは廃道で、西と北東の生きている2ルートが記載されていないのですから。
地図のインターネットでの公開を義務付ける改訂測量法が19年5月に公布されたようなので、早く最新情報に更新して欲しいものです。

11月8日/小野岳
小野岳はついでです。江戸時代の町並みが残っている大内宿(国指定の重要伝統的建造物群保存地区)の見物の方が楽しみです。

今日ははっきりしている登山口発7時40分。
眼に付くものといえば、杉の林床の見事なシダと残り紅葉くらいです。山頂からは大戸岳西面の全貌が望めました。

山頂には明神様の石の祠がありますが、「覚書」なる看板によると、昭和24年頃盗掘されたそうです。お宝は無かったとの事ですが、その根拠となったのは次の歌。

朝日さす 夕陽輝く 小野ヶ嶽 一・六・三の木の下に 黄色千倍 朱千倍

登山口12時20分で標高差620mを往復3時間40分。

画像

*** 杉の林床のシダ ***

画像

*** 残り紅葉 ***

画像

*** 小野岳からの大戸岳山塊西面 ***

大内宿は平日なのに大勢の熟年観光客。

画像

*** 大内宿 ***

帰路の紅く燃える大戸岳と小野岳が、今回一番の眺めでした。

画像

*** R118からの大戸岳(帰路) ***

画像

*** R118からの小野岳(帰路) ***

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
1枚目の写真を見れば、たとえセカンドでも尊敬してしまいます。
登ってる方からは、一の倉沢はこんな感じに見えるんですね!
ところで地図の誤差ですが、船形山も酷いっすよ。
特に大滝キャンプ場を起点とするコース・・・
Yossy
http://yossy1904.exblog.jp/
Yossy
2007/11/11 23:16
Yossy様
クライミングはトップの緊張感が何よりの魅力なんですよ。もう一度体を鍛えてトライしようとは思っていますが、駄目かもしれませんね。運転免許の更新でも実技をチェックされる歳なんですから。

大滝キャンプ場からは小栗山コースと、川を渡って升沢コースに抜けた経験がありますが、私は地図に異常は感じませんでした。変ですね?
いずれにしても、改訂測量法は来年5月までには施行となっているので、チェックしようと思っております。

2007/11/12 11:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
大戸岳と小野岳 那須の小屋から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる